日機株式会社

熱収縮チューブThermal shrinkage tubet

熱収縮チューブ

  • 耐熱温度:  125℃(黒)/ 105℃(透明)
  • 収縮比率:  2:1
  • 色: 黒/透明

熱収縮チューブとは

熱収縮チューブは熱を与えることで収縮するチューブです。
材料に施された化学反応である放射線架橋と呼ばれる方法で収縮させるチューブを製造しています。

熱収縮チューブの役割

電線の接続部分などの電気機器では必ずといって良いほど使用されているのが、この熱収縮チューブです。
チューブが収縮するため、幅広い径の電線やハーネスにも対応でき、段差がある箇所でもフィットするといった特長もあります。
使用する用途としては、家電製品・電子機器・自動車・航空機の電線やハーネスなどで、活用できるシーンは幅広いです。熱収縮チューブで結束しながら、同時に防水・防食・耐熱などの効果を求めることもできます。
さらに引っ張り・折り曲げ・摩擦・擦れなどから、電線を保護する役割もあります。

熱収縮チューブの材質、サイズ、色

熱収縮チューブに使用される材質は、ポリオレフィン樹脂です。製造方法は通常のチューブと同様で、押し出し成型により製造されています。その後放射線架橋と呼ばれる処理を加え、特殊な方法でチューブを均一に伸ばせば熱収縮チューブの完成です。
熱を加えると元に戻ろうとする働きにより、チューブは収縮するといった仕組みです。弊社の熱収縮率は、2:1となります。
直径1.5mmの小さいのものから、直径15.5㎜まで計14種類あります。色は、黒と透明の2種類あります。

サイズ選定の目安

サイズ選定の目安としては、完全収縮後の内径が被覆対象物の直径よりもやや小さくなるようなチューブを選定してください。

加熱でのポイントと注意点

一般的には工業用ドライヤーなどで直接加熱しますが、量産で行う場合はベルトコンベア式のオーブンで加熱する方法もあります。
加熱の際は、チューブ内に空気が残らないよう、チューブ中央から両端に向かって加熱してください。
熱収縮チューブで覆う電線、部品などの耐熱温度にも注意が必要です。

主要寸法図

型式 内径(mm) 肉厚(mm) 材質
 NHT-1 1.5±0.2 0.20 PO(ポリオレフィン樹脂)
 NHT-1.5 1.8±0.3 0.20
 NHT-2 2.5±0.3 0.20
 NHT-2.5 3.0±0.3 0.25
 NHT-3 3.5±0.3 0.25
 NHT-3.5  4.0±0.3 0.25
 NHT-4 4.5±0.3 0.25
 NHT-5 5.5±0.4 0.25
 NHT-6 6.5±0.4 0.28
 NHT-7 7.5±0.4 0.28
 NHT-8 8.5±0.5 0.30
 NHT-10 10.8±0.5 0.30
 NHT-12 12.5±0.5 0.30
 NHT-15 15.5±0.6 0.35

製品一覧STANDARD PRODUCT

サイトサービスSITE SERVICE

  • オンラインカタログ
  • 公式ショッピングサイトで製品をご購入
    • Amazonで製品をご購入
    • Yahooで製品をご購入