高天井用LED照明

( NLH200U-HLシリーズ )

工場・オフィス用照明一覧


NLH200U-HLシリーズ

高天井用LED照明

特長

ボディはアルミ製、前面は樹脂製で、高い放熱性を保ちながら軽量化した長寿命のエコノミータイプです。

水銀灯800W相当の明るさで、高さ10m程度の一般的な工場や倉庫用の天井照明に最適です。

LED本体と電源の一体化で、ワイヤーなどで吊り下げるタイプ(HL)とボルト固定タイプ(HL2)があり、用途に応じて選定が可能です。

水銀灯に比べて省エネかつ長寿命のため、大幅な節電と取り換えコストの削減が可能です。

※設置の際にはかならず落下防止ワイヤーを取り付けてください。

用途例

工場冷蔵倉庫屋内駐車場など


仕様

色温度 5,700K
期待寿命 使用温度50℃ 40,000時間
※寿命は初期の照度に対し70%の照度となる時点
使用温度 -30℃~50℃ (ただし、氷結しないこと)
環境湿度 10%~90%
保護等級 IP65 (ライト本体部のみ)
電源ユニット 本体一体型電源
適合規格 pseマーク

雷対策も万全

誘導雷サージを素早く迂回させる免電設計で、落雷などから製品を守ります。(サージ波型8/20μsで10kAまで放流可能です。)

落雷や雷放電が起きると電線に誘導雷サージが発生し、多くの電子機器を破壊します。本製品には雷サージ保護素子が内蔵されています。

線間±6kV , 対地±15kV
国際基準の3倍 国際基準の3.75倍

サージ発生時の流れ方

誘導雷サージ

SPD(避雷器)

雷などで発生した瞬間的に激しく変動する電流(サージ)を制限して、本LED投光器を保護しています。

一般的な落雷では数十kV以上のサージが発生しますが、本LED投光器は電源ICと接地の間にSPDを設置し、雷サージ発生時にサージが侵入してきてもSPDから接地へ雷サージを放流します。

※設置する際は、必ず接地(アース)を行ってください。


チラツキ対策

「定電流電源」が必要な訳は?

定電流電源とは

チラツキの原因は「リップル」

リップルとは

定電流電源とリップル

最大定格電流を超えて信頼性を損なうのを防ぐためです。LEDは原則的に電流で駆動します。 電源内部のICは常に一定の電流をLEDへ供給します。

定電流電源がない場合、抵抗を使った電流回路でLEDを駆動しますが、電圧が変動するとLEDに流れる電流も変動し、照度が変動します。

定格電流を超えて使い続けると、LEDが劣化して照度が低くなる不具合が生じます。よって照明の寿命を延ばすためには定電流電源が必要不可欠です。

加えて、定電流電源にはサージ保護回路を組み込んでいるため、サージが電源に入ってもLEDは壊れません。また、定電流電源の入力は主に交流を使用します。そのため整流回路を経た後、平滑回路を通しますが、わずかに交流成分が残ってしまいます。

この交流成分をリップルと呼びます。リップルはLEDにチラツキを生じ、これは疲労やストレスなどの原因になるため、弊社の製品はリップルの少ない電源にて製作しています。


標準機種一覧表

型式 図面 全光束 演色性 消費電力 入力電圧 電源 重量
NLH200U-HL PDF DXF 19,500 lm Ra80 180W AC100~240V 一体型 8.5kg
NLH200U-HL2 PDF DXF 9.6kg

主要寸法図

NLH200U-HLの寸法図

NLH200U-HL2の寸法図

主要照度一覧表

NLH200U-HLの配光データ

NLH200U-HL2の配光データ


日機ショップサイトへ

お問合せ

受付時間 平日9:00~18:00

06-6225-2855

お気軽にお問い合わせください。